9999

輸出入ビジネスでは小資金の自己資金やクレジットカードを使って利益を生むこともできますが限界があります。
そこで融資を受けて規模を拡大することも方法の一つです。

マル経融資

マル経融資とは、日本政策金融公庫が融資を行う国の制度。
全国各地の商工会議所が行う経営指導に基づき、資金を必要とする事業者を商工会議所が推薦することで、
低金利・無担保・無保証人(融資枠2,000万円)で融資を受けることができる。
マル経融資を利用する場合には、商工会会員にならなくてはいけません。商工会会員ならマル経融資を利用できるので、後々融資を検討している方は、商工会に加入してもよいのではないでしょうか。

マル経融資を受けるための必要な要件

・ 同一商工会議所の地区内で直近1年以上して営業活動を行っている。
・ 商工会議所等の経営指導を原則6ヶ月以上受けていること。
・ 税金(所得税/法人税/事業税/住民税など)を全て完納している
・ 商業・サービス業:従業員が5人以下、製造業その他の:常時使用する従業員が20人以下(家族、パート等除く)

1年以上事業をしている方が対象です。そのため創業してすぐ、マル経融資を利用することはできません。

借金は悪いことではない

借金をすることは悪い事のようなイメージがありますが、そんなことはありません。
輸出入ビジネスに限らず事業運営では常に資金繰りの壁がつきまといます。

資金が少なければその分、苦労することになりますし資金を用意できないことで
利益を生めると分かっていても挑戦できないなど、チャンスを逃すこともあります。

生活、遊ぶ為に借りるのは借金ですが、事業を発展させる為に借りるお金は金が金を生む生き金です。

まとめ

マル経融資は無担保・無保証人・低金利です。他の金融機関ではありえない融資制度です
融資対象になる方は、マル経融資を利用することをお勧めします。

融資成功のポイントは
・事業が今後どのくらい発展して、どのくらいの収益が得られるのかを現実的な数字を出す。税理士さんに作成してもらってもいいです。
・返済能力がある数字にする。支払額ギリの人には融資しません。あくまで予定です。
・担当者に余裕と情熱をみせる。なんとなく事業をしたい・・そんな奴は信用されません。

商工会のあっせんであれば、約1か月で融資実行です。
資金繰りに苦労している人は挑戦してみてください。