returnpolicy

リターンポリシーを変更しよう

eBay では、「リターンポリシー」っていう返品に関する決め事があります。
最初から設定されていますが、自分で変更することもできます。

1.返品を受けるか受けないか
返品を受ける場合は

2.返品可能な期間を14日、30日、60日から選択
3.返品にかかる送料は、バイヤー、セラーどちらが持つか
4.返品手数料を請求するか
5.返金についてのルール

手数料割引などの特典が受けられるTRS(トップレイテッドセラー)を得るための条件の一つが

「返品を(14日以上で)受け付ける」ことです。
2016年2月から14日から30日へ、変更しないとTRSが維持できなくなりました。

しかし期間は60日をお勧めします。
理由はebay内の検索順位が60日のほうが上がるからです。

返品を受けよう

僕の経験では何日でも返品される数は変わりません。

返品をしてくる購入者の多くは到着してすぐに連絡が来ます。
深いことは考えず60日に設定しましょう。
大量の出品数がある中から検索上位は大きいです。

通常、バイヤーは返品可能日数で購入を決めません。
検索上位で自分の目に入る商品を買います。
eBay の検索において有利になるシステムになっているので覚えておいてくださいね。

ebayで商売するには14日は微妙ですし返品を受け付けるようにしましょう。
返品を受け付けておいた方が購入者の安心感が増して成約率は上がることが多いです。

期間を長くしたところで、赤字は増えません。
実際、僕のアカウントだと14日でも60日でも返品率は同じでした。
逆に60日以上返品OKにすると、売上が伸びました。
お客さまが気に入らなければ全然返品オッケ~という姿勢は、
物販ビジネスを成功させるためには大事なことです。

返品対応はチャンス!?

商品を返品されるのは嫌ですか?
物販をやっていると、たくさんの購入者と接することになり
当然、返品対応をすることもあります。

ごく稀に理不尽な購入者にあたることもありますが、
それは一部の購入者だけで殆どの購入者は良い人ですからビビることはありません。

返品対応から新たに商品を勧めて取引が始まることもあります。
返品が来たらチャンスくらいに思っておくと気が楽です。

物販で一番怖いのは、自分のルールをガチガチにして購入者から無視されることです。
購入者が気軽に返品をしてくれるように心がけて自分のお店を気持ちよく使ってもらいましょう。